パーマをかけたいのに頭皮ニキビがあったらどうする?

自分が頭皮湿疹だとうことを気づかず美容院へ行き、美容師さんに指摘されて初めて気づいたことはありませんか?

そして、実はパーマをするつもりだったのに、頭皮湿疹が原因でパーマが出来なった…という方もいらっしゃると思います。

ご存じでない方もいるかもしれませんが、頭皮湿疹がある状態では、パーマをすることはできないんです。

●どうして頭皮湿疹の状態ではパーマができないのか

どうして、頭皮湿疹がある状態では、パーマをすることができないのでしょうか。

それは、薬剤が頭皮に刺激を与えてしまうからです。

頭皮湿疹のある状態でパーマをすると、頭皮湿疹の症状を更に悪化させてしまう可能性が高くなるからです。

わたしたちの頭皮は、身体の中の皮膚の中でも大変繊細で浸透力が高く、そして敏感な部分です。

健康な頭皮の状態でパーマをしても、頭皮に浸透する薬剤の量はなんと、手への浸透力のなんと4倍以上にもなるというから驚きです。

ご存知の方も多いと思いますが、パーマに使用する薬剤は大変刺激があるものです。

頭皮湿疹がある状態でパーマをすれば、傷ついている頭皮に、更に薬剤という刺激を与えることになり、ひどい時には、頭皮がボロボロになってしまうそうです。

■頭皮湿疹でパーマできない時はどうしたらいいのか

頭皮湿疹があるけれど、どうしてもパーマをしたいという方は少なくないと思います。

しかし、やはり頭皮湿疹で傷づいている頭皮に、パーマの薬剤は大変危険ですので、おすすめできません。

そんなときは、自宅で、自分でできる対処法を試してみてはいかがでしょうか。

まずは、ドライヤーやヘアアイロン、ホットカーラーなどを使って、さまざまなヘアアレンジを楽しんでください。

この方法ですと、パーマの薬剤を使用しませんから、頭皮の環境を改善する効果が期待できます。

プロの手によるパーマを楽しみたいとお考えの方は、やはり頭皮の環境を整えることを第一に考えてください。

頭皮湿疹は、自分でも気づかないうちにあらわれてしまうことが多いといわれています。

やはり、パーマをしている方は、していない方と比べて、髪や頭皮が痛みやすくなっています。

日頃から、頭皮を清潔に保つことを心がけたり、髪や頭皮にやさしいシャンプーなどを使ってみてはいかがでしょうか。

一日でも早くパーマをするためにも、頭皮に無理な刺激を与えることなく、頭皮湿疹の改善につとめてください。

また、美容院などで、パーマができない時の対処法や頭皮湿疹改善の方法を聞いてもいいと思います。